カウンター
フォトアルバム

« うれしいうれしい訪問 | メイン | 文化祭準備・予行 »

2017年10月31日 (火)

新聞投稿作文

 将来の夢  3年 棚崎優良

 私は,三年生になるまで,将来の夢がありませんでした。一・二年生の時までは,何でもいいと思っていました。しかし,三年生になり,進路のことを考えるようになりました。四月から七月頃まで考えていたら,自分が将来どうしたいのかがはっきりしてきました。それは,中学校の先生です。その理由は,五教科の中では,英語と数学が好きで,将来,今勉強していることを生かせる仕事をしたいからです。そして,今,学校で習っている数学と英語の先生にあこがれているからです。

 数学の先生は,分からない問題をいきなり質問しても,いつも丁寧に分かりやすく教えてくださいます。本当にすごいと思います。沢山の公式や応用問題があるのに,全部理解し,丁寧に指導してくださるのを見て,数学の先生みたいになりたいと思いました。

 次に,英語の先生は,発音がすごく綺麗で,先生みたいに話せるようになりたいと思いました。英語が得意教科と言えるようになるために,数学と同様,検定に挑戦したり,スピーチコンテスト等にも積極的に参加していきたいです。
 
 私は,この目標に向かって,定期テストでも頑張り,自分のためになるような学習をし応用力もつけていきたいです。また,教師の仕事で生かせるよう,人の前で,分かりやすく堂々と説明や話ができるようにもなりたいです。将来,生徒から信頼され,何でも一生懸命に行動できる先生になりたいので,色々なことにも積極的に参加し,悔いの残らない中学校生活にしていきたいです。

数学の授業の様子

Img_8675



コメント

コメントを投稿