カウンター
フォトアルバム

2018年9月21日 (金)

1日遠足4

阿久根市総合運動体育館にて昼食
学年でまとまって座ってます。

Img_20180921_130121



Img_20180921_125920



Img_20180921_125753



1日遠足3

別の部屋では、防災についてDVDを視聴して、学習したことを復習しています。学校の授業と同じように、意欲的に発表しています。

Img_20180921_105105



1日遠足2

現在、体験活動中です。
地震や暴風など。

Img_20180921_102257



1日遠足1

無事に目的地に到着しました。
薩摩川内市防災研修センターです。

Img_20180921_100012_2



来週27・28日 中間テスト

そのため24日から部活動中止になります。
準備をしっかり進めよう!!

※ ただし,28日地区駅伝大会試走のため,テスト前・期間中も朝の駅伝練習は実施します。

1日遠足

あいにくの雨模様。

玄関で生徒を迎えていると・・・
「校長先生,雨男ですか~」と生徒。
「うーん。そうかもしれない・・・」と。

でも,8:40全校生徒,貸切バス2台で元気に出発。
薩摩川内市の防災研修センターでの体験後,阿久根市の体育館で過ごす予定です。

Dsc07919


学校便り9月号デジタル版

tayori3009.pdfをダウンロード

情報モラル教育Q&Aコーナー⑤より

Q 情報モラルについては,来年度から中学校で教科になる道徳でも扱うの?

A もちろん扱います。今年,各社から検定用に出された中学校教科書にも,全て情報モラルに関する資料が掲載されています。それだけ大切な指導事項ということになります。
 本校では,今年度も情報モラルに関する道徳の研究授業を通して,指導法の研究も行っています。(平成30年9月19日のブログには3年道徳での情報モラル指導の様子も掲載しています。その他,学校ブログにも本校の「情報モラル教育」取組のあゆみ指導資料リンク:画面右カテゴリ欄等を掲載していますので是非御覧ください。)

2018年9月20日 (木)

2年英語 研究授業

20日5校時。

「(must)を用いた英文の(意味)や(形)はどのようになるのだろうか。」という目標で授業。
(県のステップアップ研修としても実施)

 導入で,課題意識を明確にした「めあて」をもたせるなど,北薩の授業づくり3ポイントを確実に押さえた授業でした。

板書と大型TVを使いわけてわかりやすく

Dsc07904


代表生徒とモデルスキット

Dsc07907


ペアで話合いながらスキットづくり

Dsc07908


思考を助ける助言を生徒目線で細やかに

Dsc07911


ペアで考えたスキットを堂々と発表:聞く姿勢もGOOD!

Dsc07916


ラスト10分の充実【板書のキーワードを参考に目標とまとめが一致した板書。家庭学習についても,学習内容と関連付けながら具体的に指示】

Dsc07917


2018年9月19日 (水)

小島君 勝ち越し

卒業生の小島君。9月場所で頑張っています。
現在10日目を過ぎ,4勝1敗で勝ち越し決定!

在校生も応援しており,登校してすぐ「校長先生,小島君昨日も勝ちましたよ!」と速報を教えてくれる生徒もいます。

残り2番も頑張れ!!


浅香山部屋ブログ

3年道徳研究授業 情報モラル

19日5校時:研究授業。放課後:授業研究。
(H30/31年度 県指定「情報モラル教育」研究協力校及び県ステップアップ研修としての研究授業)

<本時の目標>
 主人公の行動を通して様々な価値観があることに気付き,相手の姿が見えないネット上であっても,相手の立場や考えを尊重し,寛容な心で接しようとする態度を育てる。

<活用資料について>
 資料「言葉の向こうに」(文部科学省「中学校道徳読み物資料集」)は、インターネットでサッカーのA 選手のファンと交流している主人公が、A 選手への心ない書き込みに対し、自分もひどい言葉で応酬してしまい、サイトのファン仲間に迷惑をかけ注意され、ネットでの言葉でのやり取りの難しさや恐ろしさに直面する話である。

 主人公が置かれたような状況は、ネット社会にアクセスしていればだれもが経験するような出来事である。自分の発する言葉の先に、それを受け取る「顔を持った他者」がいると想像することで、ネット社会におけるよりよいコミュニケーションのためにはどうすべきかを考えさせる資料

※ 指導案・ワークシートPDFデータ300919doutoku.pdfをダウンロード

※ 文部科学省 中学校道徳読み物資料


大型TVでアンケート結果提示:指導案フレーム1

Dsc07878



氏名カードで意思表示:指導案フレーム3

Dsc07882



個人の考えをもとに班で意見交換:指導案フレーム5

Dsc07888



教師の助言で思考がさらに深まる:指導案フレーム5

Dsc07892



生徒の意見も板書に生かし構造的に

Dsc07890



終末ではSNSでの書き込みの具体例で,ネット社会におけるよりよいコミュニケーションのためにはどうすべきかを考える:指導案フレーム6

Dsc07894


放課後:授業反省

Dsc07895